2017年06月22日

マーブリングと手作りスタンプ


「マーブリング」を知っていますか?

水に絵の具を垂らして
そこに浮かんだ模様を紙に写し取る技法のことです。
日本では「墨流し」と呼んだりもします


今回は、この「マーブリング」を体験しましょう!!


まずは水を張ったトレーを用意します。

絵の具、スポイト、紙。
こぼれた水を拭くタオルや、紙を広げて置くための新聞紙も忘れずに。

みんなで協力して準備しましょう


準備ができたら、スタートです!
トレーの中に好きな色の絵の具を垂らしていきます。

SANY0085z.jpg

上手く絵の具を垂らすと、ふわっと色が広がります。

ここでのポイントは絵の具を浮かべること

絵の具が沈んでしまっては紙に模様が写りません。
キレイに水面に浮かぶように、スポイトで少しずつ垂らしていきます。

SANY0088z.jpg

色を混ぜたり広げたりしたくなったら
細い竹串の先で、軽く水面をなぞってください。

このときに偶然できた水の流れに色がついて
ステキなマーブル模様が生まれるのです


さあ、水の上にできた模様を紙に写し取ってみましょう!

SANY0080z.jpg

SANY0072z.jpg

トレーの水面に白い紙を乗せて
ゆっくりと引き上げると…

SANY0089z.jpg

大成功!!
模様がバッチリと写っていますね


SANY0073z.jpg

SANY0097z.jpg

マーブル模様の「マーブル」は大理石のこと。
たくさんの層が重なり合った複雑な模様です

よく見てみると、模様の中に何かが見えてくることも…?

SANY0133z.jpg

SANY0140z.jpg

何が見えるかは人それぞれです。
自由な発想で見てみてくださいね


今回は、まだ終わりませんよ!!


この模様を写した紙で、もっと楽しんでみましょう

SANY0125z.jpg

マジックで描いてみたり、スタンプを押してみたり。
偶然の模様から自分の作品を作ります


スタンプというと名前や日付を想像するかもしれませんが
文字ではなくて、絵や模様のスタンプもありますよね!

ペンのキャップ、えのぐチューブのふた。
適当な大きさに切った消しゴムや木材もスタンプになります。

SANY0109z.jpg

SANY0127z.jpg

ひとつひとつのパーツは単純でも、組み合わせれば何かの姿に見えてくる!


自分で好きな模様のスタンプを作ることだってできます

SANY0132z.jpg

SANY0145z.jpg

スチレンボードを切り抜いたら、硬い鉛筆で模様を描きます。
表面を凹ませるように強く描いてくださいね。

これだけでオリジナルスタンプの完成です


さっそく押してみましょう

SANY0135z.jpg

大きなスタンプだからインクはたっぷり!
スポンジに絵の具を含ませた大きなスタンプ台も使いました。

SANY0143z.jpg

何回でも押せるのがスタンプの魅力!
違う色を重ねてもキレイですね

SANY0147z.jpg

紙のマーブル模様ともよく合っていると思います


みんなで夢中になったマーブリングとスタンプ作り!
梅雨のお天気に負けることなく、楽しい時間にすることができました



posted by かりんと at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

美味しそうなパフェ♪


みんなが大好きな甘いもの

SANY0061.JPG

油絵で大きなパフェを描きました


カラフルでゴージャスなパフェ!!
想像するだけで楽しくなってきますよね

SANY0028.JPG

どんな器に入れようかな?
どんなトッピングにしようかな?

クリーム、フルーツ、チョコレート
アイスクリームも乗せちゃいましょう!

SANY0026.JPG

白いクリームにカラフルなチョコレートをトッピング

油絵なら乾いた色の上に、別の色を乗せても大丈夫!
パフェの作り方は、油絵の描き方と似てるかも?



SANY0059.JPG

SANY0057.JPG

SANY0054.JPG

どんな味がするのかな〜?

今回が油絵初挑戦の生徒さんも、とても楽しそうに描いていました





posted by かりんと at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

リアルに描いてみよう!


高学年は授業内容もレベルアップ!!

油絵でリアルな表現に挑戦です

テーブルの上に置いてあるリンゴとレモンを
よ〜く観察して、できるだけ細かく描いてみましょう!

SANY3322.JPG

リンゴは赤くて丸いものだと思いがちですが、
よく観察してみると緑や黄色に見えるところがあります

形は真ん丸ではなくて、芯の部分が凹んでいるのが分かりますね。

レモンの丸い部分と尖った部分のバランスも上手に描けています


次は明暗の表現にチャレンジしてみましょう!

明暗を描き込むことで、絵の立体感がぐっと増すのです

SANY3356.JPG

モチーフとテーブルの間に暗い影ができているのが見えるかな?
レモンとリンゴに強く光が当たっている部分があるのには気付いたかな?

もちろん影だって黒一色ではありません
場所によって影の濃さが変化することを確認しながら
細かな陰影のグラデーションを描いていきましょう。


何度も観察して。描き直して。塗り重ねて。

SANY3383.JPG

完成まで粘り強く頑張りました!
一生懸命に描いた力作です

SANY3381.JPG

SANY3366.JPG

絵の中に本物のリンゴとレモンが置いてあるみたい?

観察力も描写力もアップしているのが分かります




posted by かりんと at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

模様(もよう)の宇宙生物!


SANY3351.jpg

ステキな模様の紙がいっぱい!
色もカラフルでキレイです


今回は自分で模様を作るところからスタートしました


まずはビー玉を使った模様作りです。

箱の中に白い紙を敷いて、えのぐをつけたビー玉を転がします。
コロコロ、コロコロ…

SANY3310.jpg

ビー玉が乾いてしまったら、今度は違う色のえのぐで
コロコロ、コロコロ…

SANY3314.jpg

ビー玉が通ったあとには色のラインができています。
このラインが重なりあって、不思議な模様になるのです!


今度は違う模様を作ります。

大きな紙を広げて、えのぐをつけたローラーで
コロコロ、コロコロ…

SANY3318.jpg

おっと、水玉模様の紙になりました

実は、これは普通のローラーじゃないのです!

SANY3319.jpg

よく見ると凸凹しているでしょう?。
梱包材のプチプチを巻きつけた、特製プチプチローラーなのです


さて。たくさん模様ができたら、これからが本番です!

今回のテーマは宇宙生物

SANY3363.jpg

濃い青や紫色を塗った上に、金銀のえのぐを散らした画用紙です。
星空みたいに見えますね

この上に、貼り絵の宇宙生物を作ります!


本物の宇宙生物を見たことがある人はいませんよね??
どんな姿をしているのかは、自分で想像してみましょう


さあ。どんな宇宙生物を作るか決まったら、制作スタートです!

SANY3349.jpg

模様の紙の中から、自分の宇宙生物にぴったりな紙を探します。
見つけたら切り取って、画用紙の上に並べてみましょう

SANY3377.jpg

パーツごとに模様を変えたり、違う色の紙を重ねたり。
大きなところから貼っていきます。

だんだん宇宙生物の姿が見えてきましたね


宇宙生物の周りの様子も考えてみましょう。

SANY3354.jpg

近くに星はあるのかな?地球は見えるのかな?

SANY3365.jpg

宇宙生物がいるのなら、宇宙洞窟や宇宙植物だって見つかるかも?
想像がどんどん膨らんでいきます


考えて、作って。また考えて。作って。
アトリエの中に、想像の宇宙が広がりました!

SANY3374.jpg

SANY3371.jpg

SANY3373.jpg

SANY3362.jpg

ステキで不思議な宇宙生物たち
お友達になれるかな?




posted by かりんと at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

春休みの前に


3月のアトリエでは、人物画に挑戦しました


SANY3291.JPG

1年間を一緒に過ごした同級生やアトリエのお友だち。
そして次の学年に進む前の自分の姿!

SANY3287.JPG

どの生徒さんも一生懸命に描いてくれました


こちらは鉛筆での全身クロッキーです。
時間を決めて(15分くらい)、モデル役の人を見ながら描きます。

SANY3299.JPG

ヒジとヒザの場所、手や足の大きさ。
よく見て人の体を描くためのポイントをとらえましょう!

SANY3302.JPG

体をひねったり、物を手に持ったり。
難しいポーズにもチャレンジしました


上級生は色にもこだわります

SANY3297.JPG

肌の色は黄色・赤色・茶色などを混ぜ合わせて、自分にぴったりの色を作りました。

SANY3289.JPG

水彩えのぐを使うときは水の量も重要です

水を多くして薄くすると明るいところ、
水を少なくして濃くすると暗いところが表現できます。

SANY3293.JPG

髪の毛はさらさらと見えるように筆のタッチを残して塗りました。

SANY3292.JPG

工夫がいっぱいの人物画!

真剣に絵を描く様子から。そして、完成した絵の中からも。
色々なところから子どもたちの成長が感じられるような気がしました




posted by かりんと at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする